top of page
  • 執筆者の写真VALT JAPAN

【ウェビナー開催】インクルーシブ雇用2.0とは ~就労困難者が企業の戦力になる新たな日本の未来戦略〜


【セミナー内容】 1976年に障がい者雇用促進法が義務化、2006年には障がい者自立支援法が制定。今日まで至る障がい者雇用・就労支援の基盤ができあがりました。私たちはこの基盤を「インクルーシブ雇用1.0」と定義しています。今回は、障がい者就労支援という枠を超え、就労困難者ゼロ社会を目指すVALT JAPAN 代表取締役の小野 貴也が、日本の労働市場に加える新しい潮流「インクルーシブ雇用2.0」について語ります。 障がいや難病をはじめ、さまざまな理由で仕事に困っている就労困難者が社会的な活躍機会を増やせる仕組みであり、さらに日本が抱える最大の社会課題、労働人口減少解決の光明ともなる「インクルーシブ雇用2.0」。 皆さま、ぜひご参加ください。

【こんな人におすすめ】

  • 人的資本経営、ダイバーシティ&インクルージョン、ESGに寄与する事業・取組みを行いたい

  • 障がい者雇用にもっと取り組みたいがきっかけがない

  • 事業成長のスピードに人材確保が追い付いていない


Comments


bottom of page